都市部の保育所が抱える問題とは

待機児童問題

都市部の保育所で最近問題視されているのは待機児童です。これは保育所に入りたいけれども入れない児童がたくさんいるという状態のことです。ただし、保育所といってもここで問題になっているのは認可保育所です。それ以外にも認定こども園や無認可保育園といったものもあり、そちらについては余っている状態です。

認可保育所が良い理由としては、サービスの質が高かったり、保育料が安かったりという理由があります。所得に応じて保育料が決定されるからです。無認可と比較すると倍近く違うことも珍しくないのです。国の基準をしっかりと満たしているのが認可保育所であり、さまざまなメリットがあるため、そちらに子供を預けたいと考える方が増えているのです。最近は不景気であり、余裕のない家庭が多いため、なおさら認可保育所を求める方が増えています。

待機児童問題というのはすべての自治体で起きているわけではありません。たとえば都内において待機児童が多い地域と少ない地域があります。特に世田谷区においてはたくさんの待機児童が存在している状態となっているのです。都市部はどんどん人口が増えており、共働きをする世帯も増えているため、保育所のニーズが高まっているのに、保育所が不足していて、待機児童が発生するのです。