都市部の保育所が抱える問題とは

認可外保育所

認可保育所が駄目ならば認可外保育所に入れれば良いと考える方も多いですが、こちらにはさまざまなデメリットがあるため、避ける人が多いです。保険料の問題だけではなくて、そもそもサービスの質の悪さも問題視されています。

もちろん、認可外保育所だからといって、必ずしも質が悪いわけではありません。しっかりと施設を選ぶことによって、質の良いサービスを受けることができます。しかし、そのような保育所というのは大抵の場合は料金が高くなっているため、そこを利用できる人は限られるでしょう。そして、保育料が安いところについては、どうしてもサービスの質が悪くなりやすく敬遠されてしまいます。

また、データとして認可外保育所の方が認可保育所よりも事故率が高くなっています。保育士が足りていなかったり、保育士の待遇が悪かったりするために事故が起きるリスクが高まっているのです。

認可外保育所というのは採算をとるために人件費を抑えているケースが多いです。狭い土地で1人の保育士がかなり多くの子供に対応しているというケースもあるのです。認可されていないということはピンからキリまであり、そのため不安を感じている人がたくさんいます。待機児童問題というのは、認可外保育所を利用させれば解決するというわけではないのです。